マヨ決めGO!ゆみママblog

「読むと子育ての見通しが立つかも!?」迷って決めて進む!もと中学教師ママの子育て情報

旗当番は持続可能な制度か?旗当番は免除できない?

少子高齢化が進み、共働きの家庭も増える中「旗当番」は持続可能なのか?
教師として働きながら子育てをしていた私にとって「旗当番」というのは、かなりキツい制度でした。フリーとなり、地区役員をやりながら改めてこの制度を考えました。

旗当番は持続可能な制度か?旗当番は免除できない?

もと教師で、フリーになってからすぐにPTA役員を引き受け今年で2年目。
ワーママ&教師&専業 全ての立場からPTA活動を見て、ワーママ&教師&専業、それぞれの良さを活かしたPTA活動を模索しています。

旗当番の保護者同士のトラブル

地区役員になってから、保護者の悩みというのがダイレクトに耳に入るようになりました。(教師の立場とは違う方向から・・・。)
そこで聞いた旗当番にまつわるドラブルを紹介します。

旗当番の時間を間違えて保護者関係が悪化

放課後の旗振りを忘れ義務を果たさなかった。その場所を見ている保護者から携帯に連絡が入り、注意を受けた。
義務を果たさない保護者に不信感を持ったAさんと、いきなりの注意の電話に驚きと悲しみを感じたBさん。
近所の二つの家庭には今も亀裂が入ったまま。
←子どもは同学年。子ども同士の関係も心配。

割り切って旗当番に立たない保護者

地域との良好な関係を築くことにはもはや興味はなく、無理なものは無理と割り切っているのか。
情報通な保護者から「割り切って旗当番に立たない保護者」についてうわさが流れているのも悲しいし、この制度のせいで、地域の保護者の関係が悪化するのも悲しい・・・。

地域の方に気を遣う保護者

学童利用の子どもが増えて、正規の下校時刻に帰る子どもは数人。
仕事を休んで当番に立っているワーママに「申し訳ない」と思っている心の優しいご近所さん。そこは謝るところではないのに・・・。
制度に問題が・・・と思ってしまいます。

仕事を休めない保護者←教師だった私の場合・・・

「朝の会」>「旗当番」

中学校の担任は「朝の会」で全てを連絡し、一日が良い流れになるよう勝負をかけます。教科担任制のため、「朝の会」は貴重な時間であり、ちょくちょくいないのは、生徒との信頼関係に悪影響を及ぼし兼ねません。

少子化の影響で、旗当番が年3回(1日3回通学路に立つ)回ってくるようになった。
自分でやるとなると、旗当番のために3回仕事を休むことになる。

旗当番を誰かに頼むことのストレスも半端ない・・・。
なぜなら、ギブアンドテイクの関係は築けず、常にお願いばかりになってしまうから・・・。

教師のみならず、我が子より先に出勤しなければならない職種の方は多くいるかと思います。

小さい子のいる保護者

子どもを残して旗当番にでるか・・・。
一緒に連れて行くか・・・。
小さい子を連れて、横断歩道に立つなんて大変だよと私は思います。

旗当番免除はできないか?

明確な基準ができれば、免除可能だと思います。
ただ、旗当番を機械的に組むことができず、

○作成者に負担がかかる
少子化の地域ではもっと回数が増えてしまう

という問題点があります。

旗当番の責任

もし、自分が立っていても車が突っ込んできたら・・・。
とか、もしうっかり忘れた時に事故が起きてしまったら・・・。
と考えると、ただ回ってくるだけではなく、怖い制度だなあと思います。

私の地域では、「ボランティアでは責任がとれないからPTAがやる。」というような発言もありました。
保護者だって通学時の担当箇所の交通事故の責任は取れないと思います。
ボランティアで見守るくらいの制度でないと恐ろしい・・・。

旗当番の意義

「交通安全の責任を取る」ところまではしたくないし、そんな重いものをPTAに押しつけないで欲しいと思います。

 

では、旗当番の意義とは

社会と子ども達への交通安全啓蒙活動

 

PTAがいることで、ドライバーは「子ども達が通学する場所だな。気をつけよう。」と思うかもしれないし、近所のお母さんやお父さんに「左右見て渡ってね。」っていつも声をかけられれば、注意するように気をつけるような習慣がつくと思います。

○事故を予防するための活動 であり
×事故をその場で防ぐたの活動 というのでは責任が重すぎます。

\あとを立たない交通事故/
対策を模索し、声を上げている地域も多くあります!!

www.nhk.or.jp

旗当番はPTAじゃなきゃだめか?

旗当番が「社会と子ども達への交通安全啓蒙活動」であれば、PTAでなくても運営は可能です。
一番関係があるのが通学する子の保護者であるので、すべてお任せというのもよくありませんが、仕事を年3回お休みしてまでPTA活動の義務を果たさなきゃならない制度は持続可能な制度だとは思えません。

地域ぐるみの子育ての実現

という言葉をよく聞きますが、核家族化が進む中、そんなことがうまく行けば・・・。

旗当番は誰のため?

旗当番の設定時間にも問題を感じています。
朝は全員通るから良いとして・・・。

下校時の見守りは、「学童を利用しない子の時間」のみに設定されています。
私の地区の「学童保育」は、5時までの帰宅は自分で帰って良いことになっていますが、この時間には見守りは設定されていません。
(自己都合なので仕方ありませんが。)

というとは、言い方が悪いかもしれませんが、学童利用の親は貴重な休みを「学童を利用しない子」のためにささげつつ「地域の見守り」をしなくてはならないのです。

ボランティアを年3回休んでやるならば、もう少し自分の子どもに関わるところでやらせて欲しい!!とも思ってしまいます。
(ですから、休まず、旗当番は代理を頼むことになります・・・。←ストレス)

旗当番は持続可能な制度か?旗当番は免除できないのか?

地域によっては、「持続可能な旗当番制度」に改革を進めているところもあるようです。
現在のPTA活動は「専業」よりのところが多く、PTA活動に積極的に参加できない保護者の考えは反映されていないように感じています。(意見を言うことすらしないので当然ですね・・・。決められた義務を耐えてやり遂げています。)

ただ、注意しなくてはならないのは「専業」vs「ワーママ」そして「学校はかやの外」とならないよう話をまとめていくことです。お互いの良さを活かすところを着地点にしたいです。

PTAは、働く人が増えても、年の離れた小さい子がいても無理せず続けられるような組織であって欲しいと思います。

 

私個人の今の考えとしては、

・PTA旗当番は朝のみ=全員当番に入れるが、無理な人は出なくて良い
・午後の旗当番は地域ぐるみで


きっと、反対意見もあるでしょう。
何かを変えるというのは、すり合わせたりパワーのいることです。
沢山の議論を経て、私の考えも変るかもしれません。


今日は、現時点での私の意見を述べました。
PTA任期はまだまだなので、この間にできることをやろうと思います。
私にできることは発信することと、実際のPTAの活動で「現状維持でいいや~」と投げやりにならないことだと思っています。
最後までご覧頂き、ありがとうございます。

 

www.yumimamanchan.com