マヨ決めGO!ゆみママblog

「読むと子育ての見通しが立つかも!?」迷って決めて進む!もと中学教師ママの子育て情報

発熱 コロナか熱中症かインフルエンザか? 抗原検査キットで調べる #ICheck

☆コロナか熱中症か?

日曜日、外から帰った息子が39度の熱を出しました。東京の新規陽性者数が4,000人を超えている今、コロナ感染の疑いもあり、落ち着きません。

f:id:yumimamanchan:20210823170533j:plain

外が暑かったので、熱中症かなあとも考えました。症状は、熱と頭痛と喉の痛み。病院はやっていません。家の中でみんなでマスクをすべきかとか、隔離するかどうかも考えましたが、主人が「会社でもらったIcheck」あるよ!とのこと。なんて素晴らしいんでしょう!!

☆ICheckを使ってみる

 ICheckは、15~20分でその場で検査可能なコロナ抗原検査キットです。検査キットの陽性検出率は94%(抗原)、95%(抗体)と高い性能の検査ができると書いてあります。もし、陽性反応が出たら、対処方法を電話やメールで相談できるとのこと。

さっそくやってみました。《小6の息子が自分でやりました!》

①綿棒のようなもので喉(口蓋垂の周りの部分)を優しく15回くらい触って唾液を吸収させます。

②唾液を吸い取った綿棒の綿の部分を、液体の入った容器に入れて振ります。

③1分後、付属のスポイトで液を吸い取り検査キットの上に5滴ほど垂らします。

④15分待ちます。(15分も経たないうちにみるみる結果が現れました。)

f:id:yumimamanchan:20210823170628j:plain
f:id:yumimamanchan:20210823170651j:plain
f:id:yumimamanchan:20210823170720j:plain

☆小学生でも自分で検査できました!簡単!

写真のように、「C」の所だけに線が現れれば「陰性」です。「陽性」の時は「T」の所にも線がでるそうです。たったの15分でほっと一安心でき、夜ソワソワせず寝ることができました。家にあって良かった。

☆PCR検査をすることに

・・・・しかし、この夜、母である私も38度の熱を出してしまいました。

月曜日、親子そろって病院に行きました。私の症状も、息子と同じく頭痛と喉の痛みです。発熱外来で、他の方とは違う導線で病院へ入りました。

先生から、「鼻水や咳はありませんね?」と聞かれました。この症状はありません。

喉をみせてくださいね。・・・あっ、溶連菌ですね。」とのこと!溶連菌の存在を忘れていました。「一応PCR検査もしましょう。」とのことで、ただいま検査結果待ちです。

☆結果→1日半でPCRの結果がでました。

発熱といっても、色々な疑いがあるのだとあらためて思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記:火曜日の午後6時になりPCR検査の結果がでました。息子も私も陰性でした!

先生の「溶連菌ですね。」の見立ても、ICheckも正しかったです。

溶連菌の喉の痛みは、抗生物質が効きすぐに治りました。

ただし、息子の通う塾では3人の陽性者が出ているそうなので、まだ油断はできません。子どもも増えてきたコロナ感染。罹患してしまった方は、重症化しませんように。早く収束する日が来ますように。ただただ祈ります。

☆おすすめ

このご時世、ちょっと不安な時に家で簡単にコロナの検査ができるキットがあると安心です!(我が家が使ったのは緑の箱の方です!!)