マヨ決めGO!ゆみママblog

「読むと子育ての見通しが立つかも!?」迷って決めて進む!もと中学教師ママの子育て情報

6歳男の子 誕生日プレゼント 仮面ライダーのベルト!

6歳男の子誕生日プレゼントは「仮面ライダーベルト」

3歳の時は戦隊モノが苦手だった息子。
「メカ好き」というところから仮面ライダーグッズを集めるようになりました。
我が家は「仮面ライダー」でカタカナを覚えました!!

 

\仮面ライダーのグッズが増えていく・・・/

f:id:yumimamanchan:20210826070021j:plain

我が家は「仮面ライダー」でカタカナを覚えました

6歳の誕生日を迎えると、小学校への入学がすぐそこに!
お友達とのやりとりも増えて、影響も受けるようになってきます。
我が道を行っていた我が子も、「テレビくん」を読むようになり、仮面ライダーにはまったのでした!

\子ども向けの雑誌/

はじめての「おつかい」は、おこずかいを持って本屋さんへいき「てれびくん」を買うことでした。

 

何が欲しかったかというと、ベルトに装着する小道具の一覧。
当時は「仮面ライダードライブ」だったので、車の名前の一覧です。

・シフトスピード
・シフトトライドロン
・シフトフォーミュラー
・シフトネクススペシャ
・マックスフレア
・マッドドクター

などなど。数え切れない程あります。
でも、興味のあるものはどんどん覚える!!

最初は「てれびくん」の付録雑誌ばかり見ている姿が残念に思えたのですが、パパによる「これでカタカナ覚えているよ!」と言われ、確かにその通り。と。
仮面ライダーばっかり・・・なんて思ってスミマセンでした。by教育ママ

3歳男の子 戦隊モノを怖がる

最初に書きましたが、小さい頃は戦隊ものが苦手でした。
幼稚園にもなると、男の子たちは戦隊モノに興味を持ちだし、「戦いごっこ」をして遊んだりします。
うちもそろそろかしら♪
と3歳頃戦隊モノを見せたら、怖がってしまいました。
仮面ライダーの変身シーンにも興味なし。
電車好き男子(プラレールトミカ男LOVE)には刺激が強すぎたようです。

4歳男の子 戦隊モノの「ミニプラ」にはまる

\こちらはお菓子の付録のプラモデル/

f:id:yumimamanchan:20210826065648j:plain


同じスイミングスクールに通う女の子のお友達が「プリキュア」にはまりました。
水慣れの段階で怖がっていても、「プリキュアだから大丈夫だもん!」と言いながら乗り切っています。
この影響で当時の戦隊モノ「トッキュージャー」を見始めた息子。
オモチャのCMの合体ロボットに興味津々

スーパーのお菓子売り場に売っている「ミニプラ=付録の小さいプラモデル」をおねだりするようになりました。
(なにしろ、電車が合体してロボットになるので、電車好きでも楽しい戦隊モノだったようです。)

f:id:yumimamanchan:20211117100827p:plain

 スイミングスクールで頑張ると、ご褒美で「ミニプラ」を1箱!という感じで買っていたと思うのですが、全部そろわないと合体できないので、そろうまで必死でした。

(お店のお菓子売り場にあるのですが、あるパーツだけどうしても手に入らないということがおきます。そんな時には、お店をはしごして探したことも今は良い思い出です。)

4歳で器用にプラモデルで遊ぶようなりました!
戦隊モノ「ミニプラ」のすごいところは、作って終わりではなく、作った後も合体して遊べる所でした。

f:id:yumimamanchan:20210826065833p:plain

5歳男の子 仮面ライダーLOVE

当時の番組の流れは、戦隊モノの次に「仮面ライダー」だったように思います。
仮面ライダードライブ(主演:竹内涼真さん)」が始まると、少し見始めるように。そして、CMで流れるライダーベルトに興味を持ったのでした!

戦い系がかっこいい!という男の子も、戦いは苦手だけどメカは好き!という男の子も、イケメン好きなママも惹きつける戦隊モノはすごいなあ~。
と思いました。

f:id:yumimamanchan:20210826065951j:plain

戦隊モノに思う

昔話は「勧善懲悪」で悪いモノは悪いのだからやっつけて当たり前。
という話が多かったですが、様々な立場を尊重する現代的な複雑さがストーリーに含まれていました。


世の中って複雑ね・・・。
立場が変ると何が悪なのかも変ってしまうのね。

としみじみ思いながら毎回子どもと楽しみながら見ていたのでした。

当時公立中学校教師の私にとっては、これはもう「道徳の授業」の題材です!

バイクに乗らず、車で疾走する「仮面ライダードライブ」、デビュー当時の竹内涼真さんの姿もおすすめです。

最後までご覧いただきありがとうございました。